国内初のブロックチェーン業界団体『ブロックチェーン推進協会 – BCCC』を設立

報道発表資料

2016年4月25 日
ブロックチェーン推進協会

国内初のブロックチェーン業界団体「 ブロックチェーン推進協会 」を設立
~ 英文名:Blockchain Collaborative Consortium(略称 BCCC) ~

日本国内においてブロックチェーン技術※1の研究開発および実装推進を行う有志企業(発起メンバー:34社)は、日本国内におけるブロックチェーン技術の普及啓発、研究開発推進、関連投資の促進および海外のブロックチェーン団体との連携などを目的に本日「ブロックチェーン推進協会(理事長:平野洋一郎、インフォテリア(株)代表取締役社長)」を設立したことを発表します。

なお、この発表については本日4月25日、13:30よりFINO LABで記者会見※2を行います。

発起メンバー(34社、50音順)

  • 株式会社アイリッジ
  • アララ株式会社
  • EMTG株式会社
  • イー・ガーディアン株式会社
  • 株式会社IndieSquare
  • インフォテリア株式会社
  • 弁護士法人漆間総合法律事務所
  • 株式会社SJI
  • 株式会社オウケイウェイヴ
  • 株式会社オプトベンチャーズ
  • 株式会社カタリベ
  • カレンシーポート株式会社
  • クローバーラボ株式会社
  • コンセンサス・ベイス合同会社
  • ConsenSys
  • さくらインターネット株式会社
  • GMOインターネット株式会社 テックビューロ株式会社
  • テックビューロ株式会社
  • 株式会社ドリコム
  • 株式会社Nayuta
  • 日本サード・パーティ株式会社
  • 日本マイクロソフト株式会社
  • 株式会社ハウインターナショナル
  • HASHコンサルティング株式会社
  • ビットバンク株式会社
  • BTCボックス株式会社
  • 株式会社フィスコ
  • フィデルテクノロジーズ株式会社
  • ぷらっとホーム株式会社
  • BASE株式会社
  • ホットリンク株式会社
  • 株式会社マネーパートナーズソリューションズ
  • 株式会社Unitedly
  • 株式会社ロックオン

■「ブロックチェーン推進協会」設立趣旨

ブロックチェーン技術はフィンテック(金融IT革命)の中核技術として注目を集めるだけでなく、業界を問わず情報システムの進化に大きな貢献をもたらそうとしています。しかしながら、現在国内のブロックチェーン技術開発と実証実験は世界に対して遅れを取っていないにもかかわらず、その実績や技術情報が共有されていないため適用領域がほんの一部に留まっています。そこで、本会は、ブロックチェーン技術の未来を確信する国内有志メンバーが、相互に情報交換、切磋琢磨しながら、ブロックチェーンの普及啓発を行い、自らブロックチェーンの適用領域を拡大し、またブロックチェーン技術領域への資金調達支援を行うことによって、わが国産業の国際競争力増進に貢献するとともに、ブロックチェーン技術の進化にも寄与することを目的とします。さらに、世界のブロックチェーン団体とも連携しその情報を国内で配信するほか、本会で培われた技術と経験は、ブロックチェーン先進国として日本から世界へと向けて発信します。

■ 協会概要

名称
ブロックチェーン推進協会(略称:BCCC)
英名:Blockchain Collaborative Consortium
理事長
インフォテリア㈱  代表取締役社長  平野 洋一郎(ひらのよういちろう)
副理事長
カレンシーポート㈱ 代表取締役CEO 杉井 靖典 (すぎい やすのり)
テックビューロ㈱ 代表取締役社長 朝山 貴生 (あさやま たかお)
事務局
現在事務局を準備中です。
公式サイト
http://bccc.global/

■アドバイザー

氏名(所属)
増島雅和(森・濱田松本法律事務所、弁護士)
Lon Wong(CEO, Dragonfly Fintech, Singapore)
Anis Uzzaman(CEO, Fenox VC, Silicon Valley)
村口和孝(Nippon Technology Venture Partners 代表)

■今後のスケジュール

時期
活動内容
4月25日
協会発足、記者会見
5月中旬
第1回理事会
6月下旬
第1回総会
2016年内
一般社団法人化(当初は任意団体として運営)

■ 活動内容

協会メンバーは以下の分科会に所属し、それぞれの立場から国内におけるブロックチェーン技術の普及、進化に寄与する活動を展開する。

組織
内容
普及委員会
ブロックチェーンの普及・啓発を図る。主にイベントやセミナーなどのプロモーション活動を行う。
実用委員会
自身が関与するシステムやサービスにおけるブロックチェーンの適用を進め、実用事例を会のウェブサイトに掲載する。
技術委員会
ブロックチェーンの技術的理解を深め、ブロックチェーンを使いこなすエンジニアを育てる。
運営委員会
コンソーシアム全体の運営・方針検討

■会費

年間売上金額100億円以上10億円以上1億円以上1億円未満
年会費30万円10万円3万円1万円
(スタートアップ企業を想定)

■会員等構成

資格定義備考
正会員本会趣旨に賛同し、趣旨に沿った活動をする
法人または個人
年会費が必要
特別会員特定の委員会活動を推進するために委員会が
招聘し理事会の承認を得た者(個人)
年会費なし
アドバイザー本会活動に助言を与える有識者(個人)年会費なし
エバンジェリストブロックチェーンに関する技術的知識を有し、本会活動の対外的な普及促進を行う者(個人)年会費なし

 

※1:「ブロックチェーン技術」とは
ビットコインによって発明された、P2P方式によるデータ処理の基盤技術です。複数のコンピューターが分散型合意形成を行い、暗号署名しながらブロック単位で複数データを処理するのが特徴です。安価なコンピューターで稼働し、ゼロダウンタイムと、改ざん不可能なセキュリティを実現します。バックアップや冗長化も必要なく、劇的なコスト削減が可能であり、キャパシティを超えても落ちないため、金融機関にも注目されています。

※2:記者会見の概要(報道機関向け)
日時 :2016年4月25日、13:30~14:30(開場13:00)
場所 :FINO LAB(フィノラボ)
所在地 東京都千代田区丸の内1-3-1の東京銀行協会ビル14F
登壇者:発起メンバー各社役員

<ロゴに秘められたビジョン>
bccc-logo-big

ブロックチェーン推進協会「BCCC」 は「Blockchain Collaborative Consortium」の略です。

「BC」のオレンジ色は、ブロックチェーンのパイオニアであるビットコインに敬意を表し、関連するイメージで頻繁に使われるオレンジ色を採用しました。

「Collaborative」には、そこに込められた「共同推進」を表す青色を、
「Consortium」には「調和」を表す緑色を採用しました。

ロゴの形状は、ビットコインから生まれたブロックチェーン技術が、つながり、発展し、そして推進していくイメージを表しています。


【プレスリリースに関するお問い合わせ先(報道機関窓口)】
インフォテリア株式会社 広報・IR室:長沼史宏
TEL:03-5718-1297 / 携帯電話:080-7834-0841 / E-mail: press@infoteria.com

【ブロックチェーン推進協会への入会申し込み、その他のお問い合わせ先】
・入会申し込み受け付けサイト http://bccc.global/ja/application
・お問い合わせ窓口      インフォテリア株式会社 社長室
TEL:03-5718-1255 / E-mail: ceo-office@infoteria.com

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

BCCC - ブロックチェーン推進協会に入会

入会はこちら
Copyright 2016 BCCC – ブロックチェーン推進協会