教育部会

education

教育部会とは

教育部会はブロックチェーン技術者のさらなる育成、技術の普及を目指し、2018年1月に設立されました。

 

名称 教育部会
部会長 部会長 :株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役会長 兼元 謙任
副部会長:ビットバンク株式会社 代表取締役社長 廣末 紀之
設立日 2018 年 1 月 22 日より発足
目的 安全で安心な情報流通を推進するため、ブロックチェーンに関する技術や知識の習得とその推進
活動内容 ブロックチェーンに関する講義(ブロックチェーン大学校と協働)
および技能検定(一般財団法人ブロックチェーン技能認定協会と協働)の運営。
ブロックチェーンにおけるその他の教育活動の検討・模索。

 

教育部会 部会長の紹介

株式会社オウケイウェイヴ 代表取締役会長 兼元 謙任

【プロフィール】

株式会社GK京都、株式会社ダイワ、株式会社イソラコミュニケーションズを経て
2018年7月より代表取締役会長に就任。

【ご挨拶】

企業が新しい技術を取入れる際、「教育」は必須です。ブロックチェーン大学校の講義で体系的に学び、その習得度合を示す方法としてブロックチェーン技能検定を受検する、それらをワンストップで提供するため「教育部会」を発足いたしました。
皆さんが企画し開発する製品やサービスが世の中により多くの価値を提供するために「教育部会」の取組みが少しでもお役に立てれば幸いです。

 

教育部会活動方針

安全で安心な情報流通を推進するため、ブロックチェーンに関する技術や知識の習得とその推進をします。

 

入会のお申し込みはこちらより受け付けております。

入会申し込みはこちら