BCCC理事

director

BCCCの理事をご紹介します。

BCCC代表理事


平野 洋一郎
アステリア株式会社 執行役員 社長 / CEO
( President & Chief Executive Officer )

熊本県生まれ。熊本大学を中退し、ソフトウェア開発ベンチャー設立に参画。ソフトウェアエンジニアとして8ビット時代のベストセラーとなる日本語 ワードプロセッサを開発。1987年~1998年、ロータス株式会社(現:日本IBM)でのプロダクトマーケティングおよび戦略企画の要職を歴任。 1998年、インフォテリア株式会社創業。2007年、東証マザーズに上場。2008年~2011年、本業の傍ら青山学院大学大学院にて客員教授として教壇に立つ。

公職:ベンチャーキャピタルFenox Venture Capital Inc. アドバイザー/ブロックチェーン推進協会 代表理事/先端IT活用推進コンソーシアム 副会長/XML技術者育成推進委員会 副会長など。

 

BCCC副代表理事


杉井 靖典
カレンシーポート株式会社 代表取締役 CEO

商用インターネット黎明期より、Web・IT分野の幅広い事業に携わる。
So-net、Usen、NTT-X、サイバード、ザッパラス等、在籍した企業では、プロデューサー・ディレクターとして、 インターネットメディア事業、デジタルコンテンツ事業、EC・流通プラットフォーム事業等の企画開発を手掛ける。その後、EC流通支援事業の会社、デジタルコンテンツ流通事業の会社など、複数の起業を経験。

 


田中 邦裕
さくらインターネット株式会社 代表取締役社長

1978年、大阪府生まれ。1996年に国立舞鶴工業高等専門学校在学中にさくらインターネットを創業。
当時国内ではまだ珍しかった共有ホスティングサービス(さくらウェブ)を開始。1999年にはさくらインターネット株式会社を設立し、月額129円から始められる低価格レンタルサーバ「さくらのレンタルサーバ」の開発に自ら関わる。その後、最高執行責任者などを歴任し、2007年より現職。インターネット業界発展のため、各種団体に理事や委員として多数参画。

 

BCCC理事


福原 智
株式会社トリプルアイズ 代表取締役

システムエンジニアを経て、2008年に株式会社トリプルアイズを設立。UEC杯コンピュータ囲碁大会に出場するなど、人工知能の研究開発に取り組むと共に、独自のディープラーニングシステムを応用した業務用システム開発を推進する。
また、BCCC(ブロックチェーン推進協会)の設立時からの理事としてブロックチェーン技術の研究と推進にも携わる。神奈川県生まれ。


小西 啓太
株式会社マネーパートナーズソリューションズ 代表取締役社長

大手SIerにて事業開発、営業、マーケティング、社内システム開発等の業務に従事。2005年 システムコンサルティング会社を設立、代表取締役に就任。金融業界向けのシステム支援、マーケティング支援等を展開。2006年 株式会社マネーパートナーズソリューションズ設立、代表取締役社長に就任(現任)。金融商品取引事業、資金決済事業、証券取引事業等に関連するシステムの提供およびIT戦略支援、開発基盤構築支援等を展開。奈良県生まれ。


泉 正人
株式会社FLOC 代表取締役CEO

日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任(現任)。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークでスクール運営を行い、義務教育で教わらない「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着を目指す。 2018年、金融構造を変化させるブロックチェーンのプラットフォームを構築するため、FLOCを設立し代表取締役CEOに就任(現任)。ブロックチェーン技術者教育を行うFLOCブロックチェーン大学校では、延べ受講生数5,000人を超え、日本最大級の生徒数を誇る。 FLOC本社兼教室のある千代田区丸の内にて、貸しスペース「丸の内vacans」をスタート。ブロックチェーン産業の発展に貢献するため、ブロックチェーン関連勉強会及びイベントに対して無料でスペース貸しを行っている。年間3,000人超が来訪し、ブロックチェーン人材の集まる場を構築中。
一般社団法人金融学習協会理事長。「お金原論」「仕組み仕事術」等著書は約30冊累計150万部超。


鈴木 淳一
株式会社電通 電通イノベーションイニシアティブ(DII)プロデューサー

事業部門を経て2011年にISIDオープンイノベーション研究所(イノラボ)設立。グランフロント大阪のICTコンセプトデザインを手掛け、2013年にAegis Award(LBS)最優秀賞。2016年より宮崎県綾町産の有機農産品を対象としたトレーサビリティ実証(共同研究)をシビラらと開始、2018年に未来の量子コンピュータネットワークへの分散技術適用に関する国際会議体 Table Unstable をスイスCERNらと開始、同年BCCCトレーサビリティ部会設立。2017年に六本木の「ヒルズマルシェ」にてTEP、2018年に神保町のレストラン「レアルタ」にてdApps、2019年仏パリのレストラン「ゼブラ」にてDAO等のweb3.0技術の市場性検証PoCを継続実施。専門はPost City Science(未来都市), Inbound Scape(訪日価値向上), Future Currency(暗号通貨), Robotinity&Fashion(工芸繊維), Human Data Sensing(生体科学)の研究。
放送大学客員講師・東京大学大学院新領域創成科学研究科。


鈴木 伸
株式会社カイカ 代表取締役社長

1991年早大社会科学卒、株式会社ジャパンシステムクリエーション(現カイカ)入社。16年第一事業本部本部長。 18年代表取締役社長就任。 現在、株式会社東京テック 代表取締役社長、株式会社CCCT 代表取締役社長、 アイスタディ株式会社 取締役、株式会社フィスコ仮想通貨取引所 取締役を兼任している。三重県出身。

BCCC監事


鈴木 智佳子
PwCあらた有限責任監査法人 パートナー 公認会計士
PwC Japan フィンテック&イノベーション室 室長

日本公認会計士協会において、業種別委員会 仮想通貨対応専門委員会 専門委員長
国内外でこれまで18年以上、15社以上の銀行・証券会社の米国会計基準/US PCAOB 基準、IFRS/ISA、日本会計基準/監査基準に基づく監査及びアドバイザリー業務を提供しており、現在も引き続き、グローバルに活躍する金融クライアントに対し、金融規制関連業務、日本会計/監査基準、米国会計基準/US PCAOB基準に基づく監査業務、IFRSに関する会計アドバイザリーおよびコンバージョン業務、内部統制アドバイザリー業務を提供

「仮想通貨の会計・税務・監査」(2018年 中央経済社)、「FinTechと将来の監査業務~AIと ビッグデータが変える監査業務」(『The Finance』 2017年 株式会社セミナーインフォ)、「仮想通貨の会計および税務」(『この一冊でまるごとわかるブロックチェーン&ビットコイン』 2016年 日経BP社)等、執筆

日本公認会計士協会 業種別委員会 仮想通貨対応専門委員会 専門委員長