金融部会

finance

金融部会とは

金融部会は、日本の金融関連業務におけるブロックチェーンの適用を検討し、技術の普及を図る部会として、
2016年12月に設立されました。

 

名称 金融部会
部会長 稲葉総合法律事務所 弁護士 野口 香織
設立日 2017年2月から発足
目的 金融関連業務へのブロックチェーンの適用を検討し技術の普及を図る。
活動内容 定期的な勉強会の開催と参加メンバー間での情報共有。
金融業界に特化したブロックチェーンコミュニティーとして活動。

 

金融部会 部会長の紹介

稲葉総合法律事務所 弁護士 野口 香織

【プロフィール】

稲葉総合法律事務所アソシエイト。
2007年弁護士登録。外国法共同事業法律事務所リンクレーターズ、片岡総合法律事務所勤務を経て、現職。
法政大学法科大学院兼任教授。
規制法(特に金融、エネルギー、情報、テクノロジー関連)について幅広い経験を有し、
分野問わず新規事業の立ち上げ・展開・紛争解決に関する業務を主に取り扱う。

著作・論文
書籍『クレジット取引 改正割賦販売法の概要と実務対応』(共著、青林書院)
論文「ブロックチェーンと地域通貨の活用」(金融法務事情2055号 2016年12月10日号)

 

金融部会 活動方針

    • 日本の金融業界におけるブロックチェーンの技術の普及・浸透を促進する
    • ブロックチェーンに関する最新かつ正確な情報を金融機関関係者と共有する
    • 金融業界内におけるブロックチェーンに関する取り組みをメンバー同士で共有する
    • ブロックチェーン業界(BCCC内外)におけるキーパーソンとの接点を提供する

 


金融部会 開催実績

 

■2018年6月開催/第15回金融部会

「保険業務プラットフォーム商用化に向けての「Ethereum – Proof of Authority」の技術検証」について
iChain株式会社 後藤 康成 氏 講演

加入している保険の契約内容の管理や保険金の請求ができるアプリ(iChain 保険ウォレット)を提供しているiChain株式会社の 後藤 康成氏より、保険事業者が
ブロックチェーン技術を実用化するにあたり、どのような問題が発生するか行った、インシュアテック領域での技術検証についてその背景や、検証内容を解説いただきました。

 

■2018年4月開催/第13回金融部会

「資金決済法における仮想通貨の会計処理等に関する当面の取り扱いについて」
PwCあらた有限責任監査法人様 講演

企業会計で仮想通貨をどのように取り扱うかや法整備の進行状況などをレクチャー。マイニング事業を行っている企業や仮想通貨を取り扱っている企業から実務的な質問も出るなど活発な意見交換が行われました。

 

入会のお申し込みはこちらより受け付けております。

入会申し込みはこちら