リスク管理部会

risk management

リスク管理部会とは

参画企業・団体との間でリスク対策に関する知見を蓄積するなどの活動を通じて、
仮想通貨およびブロックチェーンを様々なビジネスシーンで安全に利活用していけるような
業界全体の健全育成・発展に貢献していく部会として2017年9月に設立されました。

 

名称 リスク管理部会
部会長 株式会社Geolocation Technology 代表取締役社長 山本敬介
設立日 2017年9月から発足
目的 仮想通貨・ブロックチェーン業界における反社・反市場的勢力に関する
リスク対策の共有、ノウハウ提供、意見交換等を通じた知見の蓄積。
BCCCへの新規加盟申請を行ってきた企業に対する信用調査体制の強化。
活動内容 月一回程度の部会の開催と参加メンバー間での情報共有。
リスク対策に特化したブロックチェーンコミュニティとして活動。

 

リスク管理部会 部会長の紹介

株式会社Geolocation Technology
代表取締役社長 山本敬介

【プロフィール】

陸上自衛隊通信部隊での任期満了後、地元静岡のインターネットプロバイダー企業へ転職。
2000年サイバーエリアリサーチ株式会社を創業し、IPアドレスから位置情報を特定するオンリーワン技術を開発。
2017年4月に株式会社Geolocation Technologyに社名変更。
現在、特定非営利活動法人ふじのくに情報ネットワーク機構副理事長、静岡県警察サイバー犯罪対策テクニカルアドバイザーを務める。
静岡県生まれ。

【ご挨拶】

ブロックチェーン技術の発展に伴い、仮想通貨によるマネーロンダリング等に悪用される事例も報告されております。

当部会では、ブロックチェーン技術の悪用等のブロックチェーン業界の発展を阻害するリスク要因に対する対策の提案および情報発信することで、ブロックチェーン業界の発展に寄与してまいります。

 

リスク管理部会 活動方針

リスク管理部会では定期的な情報交換会等を開催することで、ブロックチェーン・仮想通貨業界における
信用リスク情報や対策に関する知見を共有し、リスク管理の徹底を目指します。
また、BCCC事務局とリスク管理部会は今後協力していくことで、新規加盟申請企業に対する入会審査を強化し、
日本最大のブロックチェーン業界団体として業界全体の健全育成に貢献します。

 


リスク管理部会 開催実績

 

■2018年5月開催/第9回

仮想通貨流出事故を防ぐためにどのような安全対策が必要か、カレンシーポート代表取締役/CEOの杉井氏にご講演いただきました。
デモの様子をムービーで上映しながら安全なコールドウォレットの作成方法についても具体的にレクチャー。
仮想通貨交換業者が安全性の高いウォレットの取り扱い手法を確認し、事故発生時の対処方法についての解説も行われました。
 
 

■2018年4月開催/第8回

EGセキュアソリューションズ株式会社の細野氏より「ウェブセキュリティの基礎と攻撃のトレンド」について標的型ウイルスやウェブアプリの脆弱性に対する基礎知識とその対策について暗号技術の選択や脆弱性を防ぐためにどのような対策を進めていくべきか。
また、最近のWeb攻撃のトレンドを共有しどのようなセキュリティを選択するのが良いか解説いただきました。

 

入会のお申し込みはこちらより受け付けております。

入会申し込みはこちら